2011年5月19日木曜日

ちょっと!それは ないでしょ!



いつものように朝5時に家を出て、有馬までの往復 1時間。
爽やかな空気の中を、ウグイスやキジの鳴き声を聞きながら歩く。

この時間に出会うお馴染みさん達と笑顔で挨拶を交わす。
今日も一日、元気でスタートを切れそうだ~♪

そう思って歩いていると、
近くの施設に入居されてる87歳のお婆ちゃんに出会った。
このお婆ちゃん、毎朝、有馬のお寺までお参りに行かれるそうだ。

背中が丸くなって、後ろ姿はちょっぴり寂しそうに見えるが、
若い頃は方々の山を登り歩いた、自称「山女」だったそうな・・・。

「おばあちゃん、おはようございます。今日も元気そうやねぇ!」
「体は元気やけどな、だんだん足がアカンようになってなぁ・・・」

坂道が多いこのコース。帰りは けっこうキツイ上り坂になっている。
その中ほどに、ちょうど良い具合にデッキのあるお家がある。

「いつもな、 ここで一服させてもらうんよ」 と
お婆ちゃんは腰を下ろした。
「そうそう、ゆっくり休み休み帰ってね~。それじゃ、お先に・・・」

・・と、その時、家の中から若い男性が出て来て こう言った。

「ここはウチの敷地だから、座らないで下さい!」

え? 思いがけない言葉に、一瞬 耳を疑った。

「すんませんな~」とお婆ちゃんは立ち上がって又歩き出そうとした。
私はその時、無性に腹が立った。

「ちょっとお兄さん、腰掛けるぐらい、いいじゃないですか!
この坂道、お年寄りでなくてもシンドイんやから・・・」

「でも、他人の敷地内に入ってもらったら困ります!」


その男性が陶芸をしていると云うのは知っていたが、
いったい、どんな作品を作っているのか見てみたい気がした。
ぬくもりを感じる作品はこの人には作れないだろうと思った。


別れ際、お婆ちゃんが手さげ袋の中から
飴玉を3つ取り出して、私の手のひらに乗せてくれた。



「がんばろう! 日本」
想いをつないで応援しよう!
JWordクリック募金



8 件のコメント:

ken さんのコメント...

ないよねー、ボクだったら
暑い季節なら冷たいお茶でも
出してあげますね。

先般の震災のとき、東京で電車が
不通になって歩いて帰宅する人たちに
飲み物でもどうぞと沿道の人が気遣いを
見せていました。
これが日本人なんじゃ!!
ふつうでは有馬温泉。▼・エ・▼

はやひで さんのコメント...

ACのCM見てへんのちゃうかぁ?
(#゚Д゚)凸ゴルァ!!

おばあちゃんは大切に。
敷地うんぬん、セコイこと言うな!

なんかあった時に誰も助けてくれない!と
こういう輩に限って騒ぐんだろうな。

孤高のオオカミ さんのコメント...

貧相な縄張り意識・・・

山津波で家が崩れた時に出た瓦礫は、
残らず敷地に戻してあげましょう!
丁寧に1片の残りもなく敷地に戻して
上げれば、お慶びになるでしょう。
来世は、地獄の業火で駄作に焼き上がると好いですね。

アメちゃん3つで、さようなら・・・
「山女」見事な去り方です。
シェーン、カムバーック!

akie_knit さんのコメント...

私も絶対その場にいるなら一言言っちゃいます。
いや一言でなく、顔が怒ったまま意見しちゃってるはず。
ちょっと座ったからって敷地が減るの?

でもおばあちゃんのアメはあったかい気持ちをくれましたね。

アリーノ さんのコメント...

kenさん
その一言で人間性や育った環境まで分かってしまいます。
せめて「どうぞ」の一言があっても良かったのに・・。
日本人でなくても、こんな事は常識ですよね

アリーノ さんのコメント...

はやひでさん
きっと、どんな事も自己中心にしか
考えられない人なんでしょうね。
繰り返し流れるCMもな~んとも思ってないのでしょう。
何事が起きても、気にもかけたくないです。

アリーノ さんのコメント...

オオカミさん
自分がした事、いつかは何らかの形で
自分に返って来ると思います。
神様はちゃんと見てござっしゃる!

関西のオバちゃんのカバンの中には、必ず
アメちゃんが入ってると言いますが、
やっぱり入ってましたね。
例に漏れず私も・・^^;

アリーノ さんのコメント...

akieさん
以前、別の人も言われたそうですが、その人は、
「そんな事言うなら、自分とこの草ぐらい抜いて、
もっとキレイにしたら どないやねん!」
って言い返したそうです。
その話を聞いてスカ~ッとしましたよ。