2012年2月28日火曜日

春遠からじ


ウッスラと白くなったその日の朝、

久しぶりに庭に出てみると、

福寿草は今年もチャンと芽を出してくれていた。

春はもう そこまで来ている!


8 件のコメント:

はやひで さんのコメント...

そっかぁ。
もう福寿草特別(競馬)の時期かぁ。
!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!ぐはぁ

暦では間もなく3月。

そう春ですね。

花粉症が始まりました。

ある意味憂鬱です。

ken さんのコメント...

ご無沙汰してます。
福寿草・・小林幸子の歌だよね

やさしさに 負けてはだめだよ
花のある 男でなけりゃ
ゆるしませんよと 叱ってみても
ごめんなさいと 肩ふるわせる
娘の恋に 泣き負けて
淋しくうなずく その母の
心の色は 心の色は 福寿草

作詞家は3分間でメシ喰ってるんだ
3分で泣かしてやる・・みたいなところ
凄いね・・と思う

孤高のオオカミ さんのコメント...

う~ん、どうしても天ぷらを連想してしまう・・・
どう見ても、私にはタラの芽にしか映らんのですじゃ

akie_knit さんのコメント...

明日からもう3月。
春の訪れが待たれます。

春は旅立ちの時。

出会いと別れがありそうです。

アリーノ さんのコメント...

はやひでさん、こんばんは!
ご無沙汰していました。
福寿草特別・・なんてのがあったんですか?
甥っ子が競馬関係なのに、私は全く知らなくて・・・^^;

はやひでさんも花粉症なんですね。
私は4、5、6月の「カモガヤ」
ここ数年前からは杉花粉にも反応して来ました。--
早く暖かい春になって欲しいけど、
確かに花粉症は憂鬱です。

アリーノ さんのコメント...

kenさん、お久しぶりです
この歌詞をよく読むと、ン十年前、
私の母もその時の心の色は福寿草だったのかも・・・
今はその心の色が私にもよく理解出来ます。
・・・って言っても、我が娘はまだ誰も
家に連れて来た事がありませんが・・・^^;

アリーノ さんのコメント...

オオカミさん、こんばんは!
そう言われれば タラの芽によく似てますよねぇ。
春は山菜の季節。
タラの芽、ふきのとう、ワラビ、・・・
あ~~、想像しただけでウズウズして来ます。
山菜採り大好きな私には堪らない季節です。
天婦羅にして食べた~い!

アリーノ さんのコメント...

akieさん、こんばんは!
お嬢さんはもう東京へ行かれましたか?
娘を遠くへ出すのはやはり寂しいですね。
でも、遊びに行ける所が出来てちょっと
嬉しいかもね。