2009年12月12日土曜日

煌く神の戸

















神戸という地名の由来は、神の戸(扉)を開くという意味があるのでしょうか?
光輝く神戸・・・今年もルミナリエが開催されています。

平成7年、阪神大震災の犠牲者の鎮魂の意を込めるとともに、
神戸の復興、再生への「夢」と「希望」を託し、
今年で15回目を迎える光の芸術 『ルミナリエ』。
神が降りて来たかのように煌く街、神戸。
今年もその美しさと、震災の記憶を語り継ごうとする神戸市民の想いに
感動した一夜でした。


12 件のコメント:

datgo さんのコメント...

なんて、素敵な景色なんでしょう!?失礼かもしれませんが、はじめに見たとき”これって、本当に神戸”って思っちゃいました。ディズニーランドやハウステンボスにありそうな景色だなって、、、

でも、「ルミナリエ」の由来や目的を調べてたら、神戸ならではの催しものなんだなっていうことを発見。あの震災から、このような活動を通して、今に至っているんだなって。

私もこの”神の戸(扉)”の中に入ってみたくなりました。戸(扉)の中にはきっと素敵な景色が詰まっているんでしょうね♪♪

はやひで さんのコメント...

Σ( ̄□ ̄;!!!あ。

出来たら子供連れて行って写真撮ったら
みんなから喝采貰えるかなぁ?
と目論んでたのですが。。。。

人多かったですか????

綺麗ですね!

マシロー さんのコメント...

お写真、きれいですね。
きちんと三脚を使って撮影でしょうか。
(当たり前?)

昔は開催ごとに見に行きましたが、
ここ2、3年はごぶさたです。

最近は開催期間が短いようですね。

hirosan さんのコメント...

こんにちは何時も訪問有り難う御座います。
ヤットコさコメント書けるまでに漕ぎつけました
自分はクリスチャンでは有りませんが、神戸の
ルミナリエを観ますと気持ちが引き締まります
何でだか分かりません!!
気持ちが落ち着きます。。。
ありがとう~又お伺いします。

はしはし さんのコメント...

こんばんは

いつかはこの目で見てみたいです。
震災からここまで復活した
皆さんの思いが伝わるようです。

アリーノ さんのコメント...

ダッコちゃん、おはようございます
本当にキレイですよ!  
今ではすっかり観光名所になっていますが、
でも、当時のことを思い、未だにここを
訪れることが出来ない人がいるのも事実。
私の知人も犠牲になりました。
あの時の事を思うと、胸が締め付けられます

ところでオフ会の時、バスの中から
ちょっとだけ見えたんですよ。
勿論、昼間だったから点灯はしてなかったけど・・・・

アリーノ さんのコメント...

はやひでさん、
今年は例年より人出が少ないとの事でしたが、
それでもヤッパリ多かったです。
元町駅からズ~ッと行列が出来ていました。
観光客や遠くからの団体さんには申し訳ないですが、
上手に入れば、その行列に並ばなくても観れました。
来年は是非、お子さんと一緒に観にきて下さいね。

アリーノ さんのコメント...

マシローさん、ありがとうございます
でもコレ・・・小さなデジカメで撮ったんですよ。
もちろん、三脚なんて持ってません。^^;

以前はクリスマスまで開催されてたようですが、
水道料金が大幅に上がったとかで
近隣のデパートや商業施設から苦情も
あったみたいです。
これだけの人が来れば収益も上がるかと
勝手に思ってましたが・・。

アリーノ さんのコメント...

hiroさん、コメントありがとうございます!
一生懸命頑張って下さったんですね。感激!
これからも宜しくお願いします。
私もクリスチャンではありませんが、
やっぱりこの時期になると、キレイなイルミネーションが見れて、嬉しくなってしましますね。

アリーノ さんのコメント...

はしはしさん、おはようございます
点灯する瞬間を見たいと思ったのですが、
ちょっと遅かったようです。
毎年、資金難でルミナリエの開催が
危ぶまれていますが、¥100募金箱が
アチコチにありました。
今では観光化されていますが、何のための
ルミナリエなのかを、訪れた人も同じ想いを持って観て頂ければ嬉しいですね。

ken さんのコメント...

流れに任せて見るしかないと聞いていたのですが、年末恒例として見たくなりますね。三脚を構えた人たちはどんな風にしてるんだろ?もう終わってしまったのかな??

アリーノ さんのコメント...

kenさん、こんばんわ
ルミナリエは今日が最終日です。
来年は三脚持参で、是非とも綺麗な
写真を撮ってくださいね。
あまりの人の多さに、三脚で写真撮ってる
人の姿は目に入らなかったですが、
場所を確保するのが大変かも・・?