2010年11月19日金曜日

見詰め合う二人

急ぎの仕事があるのに
あまりにも良いお天気にジッとして居れなくて、
六甲山に登って来ました。♪
って言っても上りは有馬からのロープウエィですが・・・。^^;
上空から見た有馬、色とりどりに織り成す彩錦。
とても美しい紅葉です。

下山は名前に釣られて「紅葉谷」を歩いて下りたのですが、
谷が深いのか、木が高くなりすぎているせいなのか・・
道中の紅葉は期待外れでした。

いつも朝ウオーキング時に挨拶する太閤さんとねねさん。
実はこの二人の像、100メートルぐらい離れた所にあるのですが、
二人の視線はピッタリと合っているのです。

愛おしい眼差しで ねねを見つめる太閤さん。

鼓ヶ滝へ向かう途中の紅葉もまたキレイ!

1週間前は まだ緑が多かった瑞宝寺公園も今が見頃です

今日もイイ一日だったなぁ。感謝感謝!
さて、今から夜なべ仕事、頑張らなくちゃ!

8 件のコメント:

孤高のオオカミ さんのコメント...

六甲おろし直前、青い空に紅葉とは恵まれてますね。
太閤さんとうねの距離が100mですか・・・
まぁ、京都奉行以降は浮気が絶えない秀吉でしたから、好い距離感かもしれないですね。
徳川美術館には、浮気に悩むうねに送った信長の優しい手紙が遺されています。残忍な信長からは想像も出来ない程、心優しい文章に驚かされます。

さんちゃん(sunsetTJ) さんのコメント...

↑おお~!あの有名な秀吉を称して「はげねずみ」の記述がある信長のねね(うね)あてに送られた全部仮名で書かれた手紙ですね。

秀吉が備中高松城を水攻めにしたときの本陣後は我が家から数百メートルのところにあり、また ねねの実兄 木下家定が関が原後移封した足守藩は現岡山市西部でした。結構このご両人とは縁の深い場所に住んでるんですよ。私は。

はやひで さんのコメント...

みなさん良く知っておられるんですね~。
歴史は疎いので・・・。。

ねねは知ってますが。。。

アリーノ さんのコメント...

オオカミさん、こんばんわ。
今まで「ねね」とばかり思ってましたが、
「うね」って秀吉が妻に向けた呼び方だったんですね。
勉強になります。
それにしても信長にも人情味があったのですね。
でも・・・正室は少し離れた所でド~ンとしてなさい!
って事ですか?
今だったら即 離婚かも・・

アリーノ さんのコメント...

さんちゃん、
岡山も縁の深い地なんですね。

備中高松城、梅雨時の水攻め。
そうだったのか~!
さんちゃんが雨男である由来が 今わかりました。
きっと、ここから来たんですね?

アリーノ さんのコメント...

はやひでさん、こんばんわ!
ホントに皆さん・・学がありますね。
私は歴史も疎いし、今さら学は望めないので、
これからは少しでも徳を目指します。

ken さんのコメント...

こんばんは、なかなかのタイミングで紅葉が見れたように思いますよ。
ロープウェイは乗ったことありまおんせん。週末は賑わっているだろーな。
今年は特別に紅葉が濃いいように感じるのはわたしだけでしょうか!?

アリーノ さんのコメント...

kenさん、こんばんは!
いえいえ、kenさんだけではないです。
今年は一際鮮やかに紅葉しているように思います。
有馬温泉も最近、人が増えたような気がしますが、
やはり、中国や韓国からの旅行者が
多いようですね。
ロープウエィの中でも、中国語が飛び交っていました。