2011年7月16日土曜日

ま、いっか!


親戚のおじさんが、
日本海で釣り上げたばかりの魚を持って来てくれた。

今回は「イサギ、サバ、マイカ」 。  丸々と太って プリップリ!

「サバの刺身なんてのは、二度と食べられへんで~!」と おじさん。

あまりユックリもしておれない・・と言うおじさんを引きとめ、
急いでお刺身3種盛を作った。


             マイカ・・・押さえると色が変わり、吸盤が指にくっつく。

鱗をピシピシ飛ばし、
サバとイサギを三枚におろして骨を取り、
マイカは必死で皮をむいて・・・

大根のけんを作る時間がなく、庭から青紫蘇を採って来る。
何とかお造りにしたものの、なんか・・・グチャグチャになってしまった。^^; 

脂がのったサバ、身の締まったイサギ、
むっちりと甘~いマイカ。

おじさん曰く、
「お店でお金払って食べるなら、文句の一つでも言いたいところやけど、
慌てさせたから我慢したる(笑)。でも これは旨いで~!!」

見た目悪いけど・・・・ま、いっか! ^^;

いや~! ホント美味しかった~♪♪
おじさん、ありがとう!
また大漁の時はヨロシクね~!^^;

6 件のコメント:

孤高のオオカミ さんのコメント...

ありがた迷惑なほどのおさかなさん達。スゲー大量でしたね。
鯖の刺身は、釣ったばかりじゃないと
食べられないですよね。
アリーノさんは福井の人だから、鯖には
馴染みがあるでしょうけど、
他の地方では、「刺身?危なくない?」って言う感じでしょうか。
マイカは剝くの大変だったでしょ。活きが良いと鱗の様に甘くないですもん。

ken さんのコメント...

なかなかのご馳走、いいなぁ!
子どもの頃サバの生ずしでよく
あたりました。
全身にじんましん(湿疹)が出て大変だった。
そんなことなにもならことを
自慢するのを「じまんしぃ」と言う。

夜釣りかしらねー?
釣りに行きたくなりました。

はしはし さんのコメント...

いやーお酒が止まりませんね♪

鯖の刺身なんて新鮮じゃないと食べられないから羨ましいです。
捕れたては、美味しかったでしょう(^^)

こんなお裾分けなら大歓迎です。

アリーノ さんのコメント...

オオカミさん、
そうなんです。
鯖を京都まで運んだ「鯖街道」もあるし、
福井と鯖は縁が深いんです。
マイカ、ほんとに大変でした^^;
皮がしっかりと へばり付いてて、一気には
剥けなくて・・・
回転すしのマイカとは大違い!
ほんと、甘くて美味しかったですよ~♪

アリーノ さんのコメント...

kenさん
「じまんしい」・・ね   ーー;
でも、全身に蕁麻疹が出たら、
イサギ良く お医者さんへ行きましょうね!

アリーノ さんのコメント...

はしはしさん、ご無沙汰しています。
今回初めて鯖のお刺身を食べたのですが、
脂がのってて、とても美味しかったですよ。
やっぱり鮮度ですね。
近くなら、娘とはしはしさんにお裾分け持って行くんだけどね。